2011年11月26日

【AWS】DNSを設定する(1)

前回までにLinuxの設定はほぼほぼ終わったと思います。

あとは/var/www/devにindex.htmlでも置けば大丈夫です。

では、続いてDNSの設定です。

URLを紐づけないとwebページは見えませんからね。

今回はIPとInstanceの紐付けを行います。


まず、ElasticIPでAWSよりIPを取得します。
AWS Management Consoleを開いて、[EC2]のタブを開きます。
左のメニューから[Elastic IPs]というメニューがありますので、クリックします。

次に、[Allocate New Address]を押すとウィンドウが出てきます。
そのまま[Yes, Allocate]を押すとIPがもらえます。

次に、このIPをInstanceと紐づけなければいけません。
IPを右クリックし、[Allocate]を選択します。
紐づけたいInstance(サーバ)を聞かれますので、選択して、[Yes]を押します。

これで、IPとサーバの紐付けは終了です。

InstanceのPublic DNSの欄が変わった事を確認して下さい。

[ec2-]の後が、設定したIPになったと思います。

IPを紐づけている間はこのPublic DNSは固定です。

次回はFQDNの設定を行います。