2013年6月18日

【Vert.x】JavaScriptでルーティング



Vert.xってまだロゴ無いんですよねぇ。
何か、まだドラフトのやつパクってきました。

Node.jsかっこいいから、それっぽいのがいいなぁ。

と、今回はJavaScriptでルーティングします。
ちょっとずつやっていきますね。


load('vertx.js');

// サーバーインスタンスを生成
var server = vertx.createHttpServer();

// ルーティングするインスタンスを生成
var routeMatcher = new vertx.RouteMatcher();

// インデックス
routeMatcher.get('/', function(req) {
  req.response.end('Hello World');
});

// ルーティング
routeMatcher.get('/test', function(req) {
  req.response.end('This is a test page'); 
});

// パラメータ付き
routeMatcher.get('/:username/:password', function(req) {
  var username = req.params().username;
  var password = req.params().password;
  req.response.end('Username is ' + username + ' and Password is ' + password);
});

// ルーティングする先が見つからない時
routeMatcher.noMatch(function(req) {
  req.response.statusCode = 404;
  req.response.end('404 Not Found.');
});

// ルーティングオプション付きでサーバを立ち上げる
server.requestHandler(routeMatcher).listen(9997, 'localhost');

と、コメントも書いたのでコードだけで大体分かると思います。

ただ、これ以外にも、正規表現をつかったやり方や、POST、PUTもあります。
詳しくは公式ドキュメントへ