2013年5月16日

【Android】Google I/O 2013まとめ



Google I/O 2013のKeynote Sessionで発表されたAndroid関連の気になる事。


Google Play game service API

ゲーム開発者向けに新たにAPIが発表されました。内容はiOSのGame Centerと似たようなものです。
- Cloud save
ゲームデータのセーブをクラウド上で行える機能
- Achievements
これ、iOSと一緒かな?特定の目標をクリアしたら称号とかもらえる感じ
- Leaderboards
ランキング的な何か
- Multiplayer
複数人での同期プレイを可能にするAPI?

Developer Console

- Optimization Tips
こうするとDL伸びるよ〜とかを表示してくれたり
- App Translation Service
翻訳機能。これは日本語から翻訳の精度はあまり期待しないほうがいいかも.
- Referral Tracking
どこからインストールページへアクセスして、何人DLしてとか。使えそう。
- Usage Metrics (Analytics) + Revenue Graphs (Checkout)
わざわざAnalyticsやCheckoutのページへ遷移しなくていいかなぁと
- Beta Testing and Staged Rollout
これが1番使いたい機能。アルファ、ベータテストが出来る。これでTestFlight要らなくなるのかな?

Android Studio



こんな感じ。

まだ、使い勝手は使ってみないと分からないけど、
Eclipseで作成していたプロジェクトのインポートはうまくいった模様。

まとめ

この辺りが気になった機能です。

いつ試すの?今でしょ!