2014年2月26日

【Jenkins】Bitnamiを使ってMacにインストールしてみた。



あけましておめでとうございます。
サボりにサボったブログを約2ヶ月ぶりに復活です。

今回はJenkinsをローカルにインストールしようと思い、
Bitnamiを使ってみたかったので、とりあえずBitnami使ってインストールしてみました。


最初の画像から、とりあえずインストーラをダウンロードして、インストールします。
途中で、アカウントのID/PASSを聞かれたような気がします。

そして、インストール後のファイルがこちら。



で、選択されている、"manager-osx.app"から起動して、



BitnamiによるJenkinsの管理画面みたいなもんですかね。



タブを移動すると、どうやらTomcatで動いているようです。
Configを押すと、Portの設定なども出来ると、



3枚目の画像の、"Go to Application"を押すと、
Jenkinsの画面を開いてくれます。

ユーザアカウントは作ったやつでログイン出来ました。

と、ID/PASS以外のキーボード操作がまったく必要無かったです。

StopはTomcatを止めればいいのかな?
Javaだし多分そうだよね。