2012年12月21日

【iPhone】コマンドラインでライブラリ追加


Jenkins対応の為、
AndroidアプリもiPhoneアプリもコマンドラインでビルドするようになりました。

ただ、現在対応中のプロジェクトが、
デバッグビルドとリリースビルドでライブラリを差し替えたい為、
コマンドラインでのライブラリ追加をしたので、メモしておきます。


xcodebuild


xcodebuild -project "${.xcodeprojファイルの場所}" -sdk iphoneos -configuration Debug -target "${ターゲット名}" clean build install DSTROOT="${.appファイルのアウトプット先}" OTHER_LDFLAGS="${追加ライブラリの場所}"

OTHER_LDFLAGSオプションで、ライブラリの追加が可能です。
この場合、プロジェクトのBuild Phasesで、Link Binary With Librariesからは
指定するライブラリを外しておきます。

また、Requiredではなく、Optionalでフレームワークを追加する場合は

xcodebuild ... OTHER_LDFLAGS="-weak_framework AdSupport" # AdSupport.frameworkを追加する場合

としておきます。

2つ以上のライブラリを指定する場合はスペース区切りにします。

これで、.appファイルが出力されます。