2012年6月12日

【App】iOS6のSafariは写真アップロードが可能



先日のWWDC2012で発表されたiOS6に標準搭載されるSafariの新機能をまとめてみた。

参考:Reading Lists, Smart App Banners, Photo Uploads & iCloud Tab Syncing


タブの同期

iCouldを利用して、複数の端末間で開いているタブの同期を可能にした。

Smart App Banners

いくつかのサイトでは、App Storeでアプリがダウンロード可能な際に、
ブラウザからアクセスすると、アプリをダウンロードして下さいと表示される。
iOS6のSafariでは、これらの邪魔なバナーの代わりに、
App Storeへのリンクを表示させる。

オフラインキャッシュ

iOS6のSafariでは、オフラインキャッシュをサポートしている。
電波の無いところでも、ページキャッシュをしておけば
ウェブサイトを閲覧する事が出来る。

Read It Later

InstapaperPocketのような後で読む系のReading Lists機能をサポートしている。
Safariから直接、Pocketへリンクを保存する事ができる。

写真アップロード

inputタグのtype="file"がサポートされるようになる。
今まで、写真アップロードの為だけにアプリをリリースしていた人には朗報だと思う。

フルスクリーンモード

横向き表示でフルスクリーンモードへと変わる。
このフルスクリーンの意味はちょっと分からなかった。

まとめ

ざっとまとめるとSafariは良くなっていると思う。

特に写真のアップロードは今までかなりネックになっていた部分である。
しかし、すべての端末がiOS6以上になるまではサイト運営者も難しい選択になる。

また、個人的にはPocketを愛用しているので、
Safariから直接Pocketへリンクを飛ばせるといいなぁと思う。