2012年5月17日

【Blogger】Objective-CをBloggerで表示する


今回はBloggerにObjective-Cのソースコードを書く場合を解説します。

*** 注意 *************************
今回、Google Sitesを使った場合を解説しておりますが、
なぜかこの記事が公開されてから使えなくなりましたので、
別の方法を探します。
*********************************
最近iPhoneの記事も増えてきた為、
Objective-Cのソースコードを載せる事が多くなって来ました。
今まではSyntaxHighlighter 3.0を使用し、
<pre class='brush:c'>
とかで済ませる事が多かったのですが、
あんまりカッコよくないので、
Objective-C用のshBrushObjectiveC.jsをGoogle Sitesへアップロードし、
そこへのリンクをheadに書きました。
その手順の紹介です。


まずはObjective-C用のshBrushObjectiveC.jsをダウンロードします。
参考にしたのは
SyntaxHighlighterでObjective-Cをきれいに表示 | アプリ開発の記録
です。
こちらの修正後のbrush.jsを右クリックで、保存いたしました。

次にGoogle Sitesの作成。
こちらは自分のブログドメイン(私はshonanshachu)のサイトとかを作成します。
すると、下のような画面になります。


そこから、[サイドバーの編集]→[添付ファイル]→[アップロード]とし、
shBrushObjectiveC.jsをアップロードしてください。


次は、こちらをBloggerのテンプレートに埋め込みます。
<script src='https://sites.google.com/site/shonanshachu/shBrushObjectiveC.js' type='text/javascript'/>

これでObjective-Cが綺麗に表示されるようになります。

最後にpreタグのbrush部分は
<pre class='brush:objc'>
として完成です。

参考例
#import <UIKit/UIKit.h>

@class ViewController;

@interface AppDelegate : UIResponder <UIApplicationDelegate>

@property (strong, nonatomic) UIWindow *window;

@property (strong, nonatomic) ViewController *viewController;

@end